利便性の高いコミュニケーションツールsnsはコミュ障害に!?

マインド・思考編

本日は「メールやSNSの利便性」についてフォーカスしてみました。

近年では、メールやSNSといった利便性の良いツールが盛んに使われるようになってきていますね。ツイッターやLINEなどを使えば、簡単に誰とでもコミュニケーションを図ることができるようになったりもしています。

スマホやPCを通してのコミュニケーション能力と言う意味では、急速に発達していると言えますが、リアルに人と会ってコミュニケーションを図る点においては、弊害が大きくなっているのではと危惧したりもしています。

もちろん、どちらが良くてどちらが悪いと言ったような事を言うつもりはありませんし、どちらも優れたコミュニケーションを取る手段だと考えています。

ただ、SNSやメールといったコミュニケーションの図り方は、一言で表現すると「ライブ感が全くないコミュニケーションツール」と言えるのではないでしょうか。(すぐに返信が来るラインはまだライブ感があるかもしれませんが)

一長一短のあるコミュニケーション方法

利便性においては確実に使われるべき手段

ツイッターでは文字数が制限された中で情報を発信していますし、ラインであれば文字数をより少なく単語の連投のような感じで会話を成立させています。

またビジネスにおいてもメールやチャットワークなどを活用することによる、飛躍的に利便性が上がりますから、多用するのは仕方ありません。私自身も、こういったコミュニケーションツールはどちらかと言うと好きです。

リアルコミュニケーションの弊害になっている!?

リアルなコミュニケーションを図るとなると、前述したようなコミュニケーションツールが弊害になっている可能性もあったりします。

人と会って会話する時にメールのような時間差は持てませんし、何度も見直して発信することは出来ませんよね。

リアルコミュニケーションと言うのは、その時に瞬時に得た情報や感覚によってコミュニケーションを図る必要があります。

あまりにSNSやメールといったものに慣れすぎることで、人と上手く会話することができない、コミュニケーションを取ることができない、電話で話すことが苦手、と言った悩みに繋がてしまっています。

リアルコミュニケーション能力って必要なの?

メールやSNSといったコミュニケーションツールがどんなに利便性が良いといっても、リアルにコミュニケーションを図ることがなくなることは、生きている限りまずありません。

このようなコミュニケーション能力は一生もののスキルとなって、あなたを助けてくれるはずです。とは言っても、アナウンサーや司会者のような特別に優れたスキルを身につける必要もありません。

一人の人間として、苦痛を感じないような最低限のコミュニケーションスキルで問題ないはずです。

私自身も、人に自慢できるようなコミュニケーション能力はありませんが、それなりに人とリアルコミュニケーションを図ることが出来ます。極度のあがり症の頃は、リアルコミュニケーションは本当に苦手でした(汗)

もしあなたが、メールやSNSなどの利便性に頼ってばかりいれば、リアルコミュニケーションを図らなければならなくなったときに困ってしまうことになるかもしれまえん。

コミュニケーション能力を向上させるには?

当ブログでは、コミュニケーション能力が低い人でも簡単にコミュニケーション能力を上げる方法をお伝えしています。

参考記事:
>>無料でコミュニケーションを上げる方法はこちら

私自身、リアルコミュニケーションを向上させてから感じたのは、メールやSNSでは顔も見れませんし本当のとこと何を思っているかなんて、まったく分かりません。リアルコミュニケーションはその点では、相手の顔を見てコミュニケーションを図ることができるので、自分にとっては欠かせないコミュニケーション方法になりました。

あがり症で人と接するのが億劫になってしまうこともありましたけど、徐々にでもリアルコミュニケーション能力を上げておいて良かったと感じていますね!

関連記事>>>過緊張で赤面に!赤面を気にするほどあがり症は酷くなる!?

関連記事>>>緊張したときに見るといい色とは?

関連記事>>>不安や恐怖心が出たら逆手に取ってプラスに転換する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました