【あがり症改善プログラム】のスキル編を実践した感想

あがり症改善プログラム

【あがり症改善プログラム】はメンタル編とスキル編に分かれている

何度か当ブログで紹介している「あがり症改善プログラム」ですが、「あがり症改善プログラムのメンタル編のまとめ記事」でメンタル編を詳しく解説していますので、今回は「スキル編」について書いていこうと思っています。

参考記事:
>>私が最も信頼する【あがり症改善プログラム】とは?
>>【あがり症改善プログラム】のヒプノセラピー(催眠療法)の効果とは?
>>【あがり症改善プログラム】のメンタル編とは?

メンタル編では、「あがり症の根本的解決を目指すために必要なこと」を学ぶことが出来るとお伝えしてきました。一方のスキル編とは、簡単に言ってしまうと「あがり症改善コントロールするためのテクニック」ということになります。

私たちのような“極度のあがり症”を改善克服するためには、まずメンタル編を学ぶことが大切だと考えています。あくまでもメンタル編をこなしていく上で、使えるテクニックはスキル編から学んでいけば良いいうのが私の持論です。

ですから、このスキル編だけであがり症改善克服、根本的な解決を目指そうと考えると上手くいかない可能性がありますから、あくまでも補助的なテクニックとして使っていきましょう。

そして、当ブログ内でもテクニックに関することを記事にしてお伝えしてきている上で、何度も「表面的なことなのでテクニックにだけは依存しないようにしてくださいね!」とも言ってきています。

テクニックに頼っても大丈夫な人はごく軽度のあがり症の人だけです。

私たちのような極度のあがり症の人はまずはメンタル、心の強化を図ったほうが結果的に早く改善克服することに繋がると経験してきたから言えることです。

その事を踏まえて上で、「あがり症改善プログラムのスキル編」について解説していきます。

あがり症改善プログラムの「スキル編」の一部を公開します!

agari-rebyu03-002

今すぐ論理的にわかりやすく話せるようになる公式

あなたは職場などで、「話がわかりにくい」とか「結局、言いたいことは何?」と言われたことはありませんか?ビジネスの現場で「わかりやすい」というのは、多くの場合「論理的」という意味です。このことを知っているだけで、今すぐ論理的に話せるようになる公式をお伝えします。

ここでは●●●●法を学ぶことが出来るのですが、この方法を使えるようになれば「論理的に話すこと」が簡単に出来るようになります。そして、話し方に困った時などにはこの方法を用いて話せばいいわけです。

ですが、この方法はスキル編でもかなり難しい手法になりますので、初めからここを頑張る必要はありません。これに固執してしまうと、あがり症を根本的に解決させるという目的を果たせなくなるからです。

この方法は、最初は目を通しておくだけ良い項目だと感じました。

あがり症を改善する原稿作成法とは?

スピーチやプレゼンの原稿を作るとき、一字一句まで覚えていませんか?それは、あがり症を助長してしまう方法です。あがり症を改善する原稿作成法をお伝えします。

これも先程お伝えした●●●●法の付随になりますので、後回しでも問題ありません。スキルとして覚えておくのは良いことですが、初めから力を入れなくよい項目になります。

ただ、販売者の児島さんの考え方を学ぶことができるので、一度は動画や音声で頭に入れておくことをオススメします。

あがり症を改善する呼吸法とは?

人前に出ると、呼吸が苦しくなりませんか?呼吸というアプローチから、あがり症を改善する方法をお伝えします。

この呼吸法については当ブログ内でも記事にしていますが、あがり症改善プログラムの呼吸法はもう少し突っ込んだ本格的な呼吸法を学ぶことが出来ます。

あるツボに意識を置くことで、更に深い呼吸法になるのでリラックス効果が見込めるというわけです。また、呼吸法の正しいやり方を学ぶことができます。

この呼吸法を取り入れて感じたことは、空気が体全体に行き渡っているのが実際に分かるような感じです。普段の呼吸との違いは明白で、意識的に行うということが大切になります。

これについてはこちらの「意識的に呼吸をしてあがり症の緊張を和らげる方法について」でも書いてありますので、参考にしてください。

呼吸法はスキル編になっていますが、メンタル的な要素もありますから早めに取り入れて欲しい項目ですね。

人にいい印象を与える方法とは?

印象だけでその人の評価が決まってしまうことがあります。人にいい印象を与える方法をお伝えします。

これは、直接あがり症を改善克服するためにあまり必要のないことになります。ただ、人とのコミュニケーション能力のひとつになりますので、覚えておくことでとても役にたってくれるはずです。

簡単に言ってしまうと、人は一瞬で「どんな人なのか判断している」ということです。その判断をされる時に、相手に良い印象を与えてあげると、その後のコミュニケーションが図りやすくなっていきます。

お客さんとの商談、面接などにおいて、この方法を使うとかなりプラスに働きますのでオススメですね。

具体的なトレーニング方法も動画で説明してくれていますから、とても分かりやすいので実践もしやすいはずです。最初は慣れないので辛いですけど、トレーニングしている内に顔の筋肉などもしまってくるので良い表情になれます。

営業や接客業をしている人は、このトレーニングを早めに実践し始めると良いかもしれませんね。

発声練習の仕方とは?

声とあがり症は、密接に関わっています。なぜなら、緊張すると声が出にくくなり、その声を聞いてさらに緊張するという悪循環に陥るからです。あがり症を改善する声についてお話しします。

発声の重要性については「本番前の発声練習があがりの症状を緩和するキモになる。」でもお伝えしていますが、ここでは発声の重要性を学ぶことができます。

発声を軽視していた私にとっては、とても勉強になりました。ここで紹介されている「ボイストレーニング」の書籍も実際購入して試しましたが、どもり気味だった私の声が出やすくもなりました。

この書籍については別途記事にしてアップしたと思いますので、少々お待ちください。

滑舌をよくする方法とは?

人前で話すとき、詰まってしまったり、噛んでしまったりすると、聞き取りずらいばかりか、それがあがり症をさらに高めることになっていまいます。そこで、滑舌をよくする方法をお伝えします。

これは発声に関わることになりますが、発声練習とは別のトレーニングが必要になります・当ブログでも「緊張する場面で滑舌を悪くするリスクを減らす3つの対策。」として記事にしています。

実際に「あがり症改善プログラム」では、動画付きで解説されているので分かりやすくなっています。すごく簡単なトレーニングで1分程度で出来てしまうので覚えておくと、休憩時間やトイレなどでも出来てしまいます。

初めのうちは慣れない筋肉を使うので違和感満載ですが、慣れてくると発声もしやすくなりますし引き締まった表情を手に入れることも出来ますから、オススメですね。

参考記事:
>>意識的にする呼吸はリラックス効果バツグンな理由とは?
>>本番前の発声練習であがりの症状を緩和させる方法とは?
>>滑舌を良くすることが出来る3つのトレーニング法とは?

私が【あがり症改善プログラム】のスキル編を実践して感じたこと

agari-rebyu03-003
スキル編はメンタル編と違ってテクニック的な要素が多くなっていますので、最初から全てをこなす必要は全くないと感じました。私自身も最初の3ヶ月間はメンタル編のヒプノセラピーの音声だけを聴いていました。

参考記事:
>>【あがり症改善プログラム】のヒプノセラピー(催眠療法)の効果とは?

ただ、初めに全ての動画やPDFファイルについて目を通しておくと良いかもしれません。これはあくまでも頭に入れておくイメージで大丈夫という意味です。

最初から使わないからと言って、目を通さないというのはそれはそれで損をしてしまっている感じです。当ブログでもお伝えしていますが、「アンテナを張っておく」事で色々な情報が引っかかりやすくなります。

例えば、全く興味の無かった「ファッッションブランドのヴィトン」ですけど、ある日合コンで知り合って意気投合した女の子が持っていたバッグが「ヴィトン」だっとします。

そうするとあなたの中で「ヴィトン」というアンテナを張った状態になります。不思議とヴィトンの財布やバッグ、CMなどを見ると今までは何も反応しなかったのに、急に反応するようになるというのが「アンテナを張る」ってことになります。

ですから、初めに目を通しておくのと通さないでおくのでは「アンテナを張る」という点では違ってきますので、頭の片隅に入れておきましょう。

参考記事:
>>アンテナを張る「カラーバス効果」とは?

これだけスキル編で取り組んでおきたいこと

スキル編については初めは目を通すだけでよいと言いましたが、1つだけ取り組みたいこともあったりします。それは「呼吸法」についてです。当ブログ内でも「呼吸法の必要性について」はお伝えしていますが、呼吸法はメンタル的な要素を含んでいます。

呼吸法によって「リラックス状態にする」「潜在意識に働きかける」と言った点があります。ですから、時間の余裕を見て呼吸法については取り入れておいてください。

これは、いつでもどこでも使えますから学んでおいて得はあっても損はしませんのでオススメです。

参考記事:
>>意識的にする呼吸はリラックス効果バツグンな理由とは?

「スキル編」は「メンタル編」の補助的役割で活用する

agari-rebyu03-004
スキル編はメンタル編の補助的な役割を果たしてくれるものだと、実践して感じました。ですからスキル編をメインとして使うのでなく、「あがり症改善プログラム」ではメンタル編をメンタルとして活用するようにしてください。

簡単に言ってしまえば「100kmマラソンを走り切るための精神力をメンタル編で学び、上手く走る方法や休憩の仕方などをスキル編で学ぶ」ようなイメージを持ってください。

スポーツ中継など見ていて「力はあるんですけどね、メンタルをもっと強化してもらいたいですね」っていう解説聞くことありますよね?スポーツ界なんかだと特にですが「メンタル」が強ければ成功を収めることも出来る、とも言われているくらいです。

あがり症改善克服もスポーツと同じだと考えています。結局は「マインド・メンタル・心」の強化なしでは、改善克服するのは難しいということです。これは、私自身経験してきたので分かることです。

私達にとって一番大切なのは、「マインド・メンタル・心の強化」だということです。ですから、この「あがり症改善プログラム」を手に取った場合には、

STEP1:プログラム全てに目を通す。
STEP2:ヒプノセラピーの音声を毎日15分間聴き続ける。
STEP3:スキル編の「呼吸法」を合わせて取り入れる。
STEP4:余裕が出てきたら、他の「メンタル編」について実践する。
STEP5:最後に「スキル編」について実践する。

このような流れで「あがり症改善プログラム」に取り組んでいくことで、あがり症を改善克服し根本的解決に導くこと出来る最短の方法だと私自身は感じています。

あなたが私と同じようにあがり症改善克服するために出来ることは、私と同じように「あがり症改善プログラム」に取り組めるかどうかだけです。

そして、苦痛のない楽しい人生を共に送っていきましょう!!

>>私が最も信頼する「あがり症改善プログラム」はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました