コミュニケーション能力を向上させる方法

事前準備

さて本日は「コミュニケーション能力」についてフォーカスしてみました。

コミュニケーション能力が低いためにあがり症の症状が出てしまっている場合があります。

例えば「何を話せばよいのだろうか」と悩むあまりに、過緊張となってしまうことってあったりしませんか?

こういった人は、コミュニケーション能力を向上させる必要があります。

でも、公の場で場数を踏んでいくにはまだまだ逃げ出したい気持ちが強くなってしまうはずですし、失敗してしまうことで嫌なイメージが更に付いてしまう可能性もあります。

そこで、コミュニケーションの向上を簡単に図ることができる方法がありますので紹介してきます。

ステップアップしながら、コミュニケーション能力を上げる方法

ここでは具体的に、コミュニケーション能力を上げる方法を、ステップアップ方式で紹介していきます。

STEP1 知らないお店に行って、店員と会話する。

もう二度と行かないような店だとやりやすいですけど、知らないお店ならOKです。そこで店員に話しかけてみましょう。別にナンパしろと言うわけではありません!あくまでも、お店に関することです。

「何がオススメですか?」とか「どんな服が流行ってますか?」などなど、最初の取り掛かりはこれくらいでOKです。そこからは、「相手の会話」に便乗して、あと2、3回質問してみましょう。

これだけでも、コミュニケーション能力が高くなっているはずです。

STEP2 知らない人に、知らない場所を聞いてみる。

全く知らない人に、あなたが知らない、あまり分からない場所までどうやって行けば良いのか聞いてみましょう。教えてもらえなくても、へこむ必要はありません。そんなことがあったとしても、あなたとその人が会うことはもうありませんので大丈夫!

伝えてたいことが伝えられるようになり、相手が伝えてくることを真剣に聞こうという気持ちにさせてくれます。その時に、「ハッ」として、これだ!と感じるはずです。

TEP3 顔見知りのお店に行って、知らないお客さんに話しかける。

これは、あなたがホームとしている場所で、初めて会うお客さんに話し掛けてみるというコミュニケーションの取り方です。自分が行き慣れた雰因気の中でも、更にコミュニケーション能力を向上させていきます。会ったことのない別のお客さんにしてください。

「よく来られるんですか?」だとか「ここは初めてですか?」とかでOKです。この後は相手の会話を聞いて、こちらが返していけばOKです。ここまで来れば、コミュニケーション能力はかなり向上して出来てます。

コミュニケーション能力は上げられる

実践を積めば、コミュニケーション能力は自然と向上していきますが、多くの人は怖くなってしまい逃げてばかりいるので経験値が少なく、能力が低い事が考えられます。

かと言って、いきなり数十人の前で話そうとすれば、失敗。その経験が尾を引いいて、やりたくなくなる。という負のスパイラルに入ってしまいかねません。最初から数十人の前で話せるようにするのは難しいことなので、徐々に慣れていけば何も問題ありません。

小学生がいきなり「方程式」や「微分積分」を出来ないのと同じで、最初は1+1からでOKなんです。徐々に負荷を掛けていくことで自然と耐性も付いていきます。

コミュニケーション能力をタダで上げられるので、本気で悩んでいるなら実践してみる価値が十分にあります。

残念ですが、ここで紹介した方法でさえ出来ないというのであれば、今後も悩み続ける結果が待っているでしょう。また、数十万円もするセミナーや会話塾などに入ってしまうことにもなりかねません。

と言うことで、無料でコミュニケーション能力を向上できる方法を使って、ステップしていき、最終的にどんな場面でも適度な緊張感で臨めるような心と体にしていきましょう。

関連記事>>>あがり症で緊張!アルコールの力を使うのは良い?

関連記事>>>スピーチでの鉄板ネタ|共感と反応が大切!

関連記事>>>発声練習をして緊張を緩和させる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました