相手に伝わる話し方|どんな話し方が伝わりやすいの?

事前準備

会議など重要な席であればあるほど、自分が好きな事を勝手に喋っておけばよいわけではありません。しっかりと相手に気持ちが伝わるような話し方をするような配慮が必要になります。

いま話題になっている、プロレスの天龍選手や本田選手のような「ダミ声」です。笑いにされてますよね(笑)聞いてもらえれば分かりますが、全く何言ってるか分かりません(笑)

これじゃ、どれだけよい内容の話をしたとしても、まず伝わることはありません。でも、あなたは別にダミ声なわけでありまえんから、しっかりと相手に伝えることができるはずです。

あなたは、正しい方法を使って自分の伝えたいことを伝えれるようにしましょう。ビジネスシーンであれば、それはあなたにとって将来を左右することにも成りかねません。

これだけは外せない5つのポイント

相手に伝わりやすいような話し方をするために必要な5つのポイントを紹介していきます。

①一本調子にならないように、
②声は普段よりも大きく、
③声の高さを普段より高く、
④全ての言葉に力を入れて、
⑤読む速度を遅くする。

この5つに気をつけて話しをすれば、相手に伝わりやすい話し方になります。

①では、多少の感情がないと棒読みになってしまい言葉が伝わりません。
②では、普段よりも大きめに話すことで、自信があるように相手に伝わります。
③では、声が低い方が男らしい感じはしますが、聞き取りにくいので、トーンを上げましょう。
④では、読む文字全てに力を入れて、語尾などを「ゴソゴソ」した感じで何を言っているのか分からないような感じにならないようにしましょう。
⑤では、早口だと聞き取りづらいですし、自分にも早く終わらせたい気持ちが伝わってしまうので、読む速度を遅めにしてみましょう。

何を言っているのか分からないような話し方では、相手にも内容が伝わりませんし、話にも集中できなくなってしまいます。

話し方で伝わり方が変わる。

話し方ひとつで、伝わり方が変わってしまいますから、気をつけるべき点です。

たしかに、いままでの事を変更するというのは大変なことです。だからこそ価値があるのです。その価値を理解してくれた人は、こちらで紹介したことを実践してステップアップしていってください。

ここでも自分を変えることなく、いままで通りにしていこうと考えているなら、そのまま自信を無くしていってください。最終的に変れるのは自分自身の力でしかありませんからね。

関連記事>>>あがり症克服には病院に行けば治すことが出来ますか?

関連記事>>>コンプレックスを改善させてあがり症も改善させる!

関連記事>>>猫背を矯正する簡単な歩法とは?ベルトは必要?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました